テーマ:回顧録

ワラう珈琲屋さん・回顧録/偉業の人

   今回のブログは思い出回想ブログです サクラさんが退職し、こっそりと新入社員がシフトを作るという事態から、さすがに人手が足りないと上層部も認識してくれたのか、他店からヘルプ社員が来てくれるようになりました。 (って言っても、実質月に1~2回くらいしか来てもらえなかったけど) その日は…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/まだ新入社員です

 このブログは思い出ブログです 前回、シフト表の作成が遅いヒイラギさんに成り代わって、新入社員の分際でシフトを組むようになった私ですが、それゆえにある弊害にぶち当たることになりました。 サクラさんがやめた都合上、基本的に人手が足りてません。 そうなるとその不足分は社員が補わなくてはいけないのです…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『ワラう珈琲屋さん・回顧録』とは?

このブログを書き始めた頃、ずっと私が始めて仕事に就いたときのことを綴っていました。 それが『ワラう珈琲屋さん・回顧録』です。 コレまでのあらすじ(?)としては、今から十●年前、ピッチピチの新入社員だった私が、全くの手違い勘違いで飲食店(セルフカフェ)で働くようになったことから始まる悪戦苦闘の毎日。 優しい先輩サクラさんと、人が…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/俺の師匠

ちょっと前にランチで誕生日パーティを開催したってブログを書きましたが、まだお店にマネージャーがいたときにも似たようなことがあったことを思い出しました。 探してみたら某mi●iでそのときのことを日記に書いていたので、まんま転載します。 (公開日を見たら2006年の11月だった) コレを読んでいただけるとマネージャーがどんな人だか分か…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/その日はやって来た

  本日のブログは思い出日記です あの宣告からあっという間に時は経ち、とうとうサクラさんとお仕事する最後に日になっていました。 頭がこんがらがったままだったのと、サクラさんが居なくなった後に対する不安が大きかった私は、サクラさんと仕事するのが最後だという実感も沸かずにその日を過ごしてました。 動揺…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/お化粧

元々、お化粧とかに興味がない娘でした。 二十歳で接客業に就いたわけですが、すぐ上の先輩が 「お化粧とかあまりすると、食べ物に粉っぽいのが移りそうで嫌なの」 と言うので、『無理にお化粧しなくて良いか』と都合の良い解釈をしてました。 私が勤めていた店は気取った店ではありませんし、若かったのでスッピンでもどうにか見れたと思…
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/愛すべきちべたいやつ

  本日のブログは思い出日記です アフォガードってご存知ですか? バニラアイスに抽出したばかりのエスプレをかけて、シナモンで香りを付けたデザートです。 アイスの冷たい口当たりと甘さ、エスプレの暖かくほろ苦い後味が見事にマッチして、大人のデザートと言っても良い上品なスイーツで、私も大好きです♪ …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/これも経験

 本日のブログは思い出日記です セルフサービスのコーヒー屋なので、来るもの拒まずのような状態です。 沢山お客さんが来てくださるのは嬉しいのですが、善良なお客さんに混じって招かれざる客もやって来てしまいます。 今日はそんなお話です。 見たことないおじさんでした。 四十過ぎくらいの…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/ビー玉

  本日のブログは思い出日記です 土日の休日が多かったと思います。 車椅子の息子さんを連れて、お父様とおぼしき方がうちのお店を訪れてくださってたのは。 お父様は50代くらい、息子さんも二十歳前後くらいに見えました。 こんな言い方は失礼かも知れませんが、たぶん息子さんは身体障害者のようです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/お客さん、いろいろ

 本日のブログは思い出日記です 接客業をしている以上、99%相手が悪くても、こちらに1%の落ち度があれば陳謝しなくてはなりません。(と、何かの漫画に書いてあった) お客様に対し誠心誠意、謝罪の意を示し、お客様のお怒りを納めてもらうしかないのです。 が、何でもかんでも謝れば良いってわけじゃない、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/私のお仕事☆

 本日のブログは思い出日記です サクラさんがいなくなった後を埋めるべく、私も実務以外のお仕事を覚えなくては、と意気込んではみたのですが、トレーニーマネージャー(新入社員)の私が携われるお仕事、もしくは権限というのは制限があるのでごさいます。 そんな中で月末の棚卸しも、什器の棚卸しも(若干不安…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/すりこみ?

 本日のブログは思い出日記です 生まれたばかりのひな鳥は、初めて見た動くものを親と思って、ずっと後を付いていく。 私とサクラさんの関係もそんなものでした。 全然、興味も関心も知識もなかった仕事に放り込まれ、目の前の姉さん社員の後にくっついて、見よう見真似で仕事をどうにかこなしてきました。 サ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/面接で知ったこと

  本日のブログは思い出日記です 入社半年面接が人事の人と行われたのは、サクラさんの退社話を聞くすこし前のことでした。 これは仕事場に馴染んできただろう新入社員と、本社の人事室長とが一対一で面談するのです。 私はこの面談が組まれたとき、もしかしたら、「しばらくしたら本社の事務に移動するから」、と言われ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/わか~れ~は~、いつも付いて来る~♪

 本日のブログは思いで日記です 時折、??( ̄_ ̄) と思うことはありました。 でもしばらくすると笑いながら話してたりしてたので、「よくあること」くらいにしか考えず深くは受け止めてませんでした。 しかしその宣告は、ある日突然されたのです。 サクラさん 「青ちゃん、ちょっと話があ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/間の悪い人

本日のブログは過去完了形です 大崎のお店はダイエーさんの営業時間に合わせて夜9時までとなっているのですが、場所柄、8時を過ぎた頃から客足はさっぱりということは珍しくありません。 勝手にお店を閉めるわけにもいかず、暇な時間を持て余していると責任者のヒイラギさんが 「他店の様子を見てくる」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/サクラさんと言う人

大崎のお店で、実権を握っていた人です(爆笑) 凝り性で、思いついたことはやってみないと気が済まない性格をしていました。 お店がリニューアル前、店舗に揃っている食材も少なかった頃に、コーヒーミルク(ポーションミルク)を無理矢理泡立てて、オリジナルドリンクを作ってくれたり、自分でメニューの写真を撮影してオリジナルPOPを作成しち…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/一番乗り~♪

 }今回のブログは思い出日記です 朝のオープン作業が終ってから実際の開店時間まで、私達は朝礼という名のお茶会をしています(^_^)b 僅かな時間ですが、昨日の遅番からの連絡を引継ぎ、開店前に一息入れ気持ちを切り替える大切な時間でもあります。 「あ~、あと10分で今日もお仕事開始だね」 な…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/心と身体に良い飲み物

かっしゃ~ん☆ 洗い場からの破壊音で、犠牲になったのがクリスタルカップだと察しました。 クリスタルカップは割れるときの音が、他の陶器の食器と違うので音だけで分かるのです。(ちょっと細い音で、陶器のものより音が耳に柔らかでした) さらに割れると破片が粉々に砕け散ります。破片がとんがらないのは助かるんですが、細かくなっちゃ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/アメーリカーン♪

この業界に入るまで、珈琲の知識は皆無に等しかった私です。 アメリカンはブレンドをお湯で薄めたもの、という認識しかありませんでした。 モチロン、間違ってます! (コーヒーに縁がない人は、勘違いするよね?) 上司に呆れられたので、ちゃんと調べてみました(`・ω・´)シャキーン !! まず、『アメリカン』…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/びみょう~(。-`ω´-)ンー

職業人として接客業務に従事している以上、お客様は笑顔で受け入れなければなりません。 んが、理屈では分かってますが、たまに『( ̄ _  ̄)?』となってしまうお客様もいます。 朝に来るおじさんもその一人。 いつもラフなシャツにチノパンで、今でいうならメタボリックな体型。 肩には斜めがけの大きなバックを携えて分厚い眼鏡をかけてるん…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/制服

人の先入観ってすごいなってのと、制服ってのはそれだけで『その場で働いている人』って意味を持っているんだなぁと度々思い知らされます。 うちのお店に、たまたま複数のドリンクをテイクアウトしに来ていたお客さん。 注文されたドリンクが出来上がるのを待っていたのですが、着ていたのがちょっとギャルソンチックな制服でした。 上の飲食フロアの…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/持ち出し注意

「売れ残ったデニッシュパン、少し持って帰る?」     ラッキー(ノ^^)八(^^ )ノ ☆ 閉店作業中、店舗責任者のヒイラギさんからありがたいお言葉を頂けると、私はいくつかのパンを持って帰るように紙袋にいれておきます。 そして、お店の片付けが終って扉の鍵をかけるときに、こっそりとお店の外に置いていくのです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/サクッと

お店を閉めるときは、機械をダウンして、いろんなところをお掃除して一日の汚れをおとします。 とくに水周りは綺麗にしておかないと、雑菌の繁殖の温床となってしまうので、毎日、手を抜いてはいけません。 大量の食器を綺麗に洗ってくれる洗浄器も、例外ではありません。 むしろ、より丁寧にお片づけをしなくては、と、気合を入れて、中の排水口みた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/やってないじゃん!!

朝、通勤前のお客様でお店は第一次ピークを向かえます。 しかし、その混み方も日によって違ってくるので、時折肩透かしを喰らったりもします。 その日もそんなに忙しくなく、お姉さんアルバイトのアンズさんとイマイチ暇だねー、とか言いながらお仕事してました。 ついでだから、いつもなら9時を過ぎてからしているデニッシュパンの袋詰めをやっちゃ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/突っ込み隊長!

私の背の丈ほどの、大きな可動式の看板がありました。 中に蛍光灯が入っていて、点灯するようになっているためか、とにかく重くて、下にローラーが付いていても思うように動いてくれません。女の子一人では開店時と閉店時に出し入れするのは大変な作業というシロモノでした。 話が一度飛びますが、ウチのお店のはす隣は、有名喫茶のルノアールさんで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/停止

たまには他のお店を見に行こう!ということで、私とサクラさんは仕事が終った後に一緒にカフェ巡りをする約束をしていました。 自分のお店のことで手一杯だったので、サクラさんお勧めのカフェに連れて行ってもらえる~と、ルンルンな私だったのですが、その日に限って予想外の奴がストを起こしました。 洗浄機くんです。 こいつは噴…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/止まった!壊れた!

それは夏の日のことでした。 アイスドリンクばかりがオーダーされていたので、すぐには気が付かず、今となっては何が直接の原因だったのかも定かではありません。 お仕事中、ふと後ろを振り向くと、なにやら違和感を感じました。 いつもと何かが違う、一体何が・・・・。 ∑(゚m゚=)ハッ!! コーヒーマシンとエスプ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/

面白いこととか、変わったトラブルだとかばかりを書いてますが、やっぱりお仕事なので楽しいことばかりではありません。 飲食業や接客業の経験など皆無で、しかもこうゆう仕事に就く気が全くなかった私は、入った頃から怒られたり失敗したりの連続でした。 自分の不甲斐無さが悲しくて、叱られたことが悔しくて(なんで悔しいかと言うと、事務職だと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/遊ぶなってばよ

うちのお店で最年少アルバイターさんは、当時現役女子高校生だったアカネちゃん。 バレー部に所属していて、さっぱりとしたボーイッシュな子でした。 見た目がシンガーソングライターの小沢健二に似ていて、オザケンのファンだったうちの弟は彼女を見にお店まで来たことがあったくらいです (^^; んで、閉店間際、洗い場で後片付けをして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワラう珈琲屋さん・回顧録/ぎゅうちちしぼう

大学4年生のフジくんは、アルバイト復帰後、早番に入ることが多くなりました。 朝のほうが人が入れる人は少ないし、お店側としては助かるけど、フジくんの話を聞いていると遅番のほうが都合が良さそうな感じなのです。 でも、本人は早番希望でシフト出しているし・・・(。-`ω´-)ンー ? フジくん 「リニュアルして、夜の手作りフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more